So-net無料ブログ作成
検索選択

借金は少しもありません/幸せとは何か!? [ブログ]



イギリスのある川辺に

粉ひきをして暮らす男がいました。


男はいつも

自分がいかに幸せかを歌にして口ずさんでいたので

男には

“幸せな粉ひき”というあだ名がつきました。


おかしな粉ひき男の噂はどんどん広がり

ついには国王までもが男に興味を抱きます。


そして

国王は

どうしても粉ひき男に会ってみたいと

自ら粉ひき男の小屋に赴きました。


国王のお出ましに

粉ひき男は何事かと平伏します。


しかし

「どうしてお前はそんなに幸せなのか?」と質問されると

はっきりした口調で即答しました。


「私は家族や仲間たちを愛しています。家族や仲間たちも私を愛してくれています。借金は少しもありません。これがすべてでございます」


この言葉に

国王は目から鱗が落ちたといった様子で

お前がうらやましいと呟いて

お城に戻っていったそうです



50代の課題は「お金を貯める、遺す、手放すことの按配」?
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160411-00010000-ourage-life

「私の今後の課題は、お金を貯める、遺す、手放すことの按配」と君島十和子さん。そのうちの大事なことのひとつが、子どもたちに遺すべきものは何か?ということ。

「例えば一生ものの真珠の三連ネックレス。以前なら迷いもなく購入したかもしれませんが、今は娘二人に分けて遺してあげられるように、一連と二連のものを2つ買い、重ねてつけています。そんなことを考えるようになったのはここ数年のこと。また同時にお金やモノ以外のものも遺したい、と強く思うようにもなりました」

不透明な世界情勢、不穏な市場動向、経済のトレンドは成長ではなく間違いなく停滞もしくは衰退へとシフトし始めている。そんなときだからこそ、あえてお金やモノでないものも遺したい、と強く思うようになったという。

それは生き方であり人格であり、自分の人生の滋養や力になるようなもの。
「一番は『強靭な精神』。そして清廉さ、品格、愛、情、誠意、知性や教養など、人としての豊かさにつながるすべてのことをできるだけ。そして『人生っていろいろあるけど、いろいろあるから面白い。生きてるだけで価値がある』という本質。相伝すべきはそこだと思っています」

これは単なる言葉だけのキレイごとや理想などではなく、実はとても現実的で合理的で適合性のある有益な「財産」。ハンデや挫折や艱難辛苦さえも、強くてしなやかで折れない精神があればなんとか乗り越えられるもの。親としてふたりの娘に一番遺したいと思っているのは「お金」では買えない、こうした目に見えぬものだという。

「逆に決して遺してならないものは『借金』。そしてかけてはならないものが『親の面倒をみる』だと肝に銘じています。去年は義母の入院などもあり、健康、老後の生活、そしてお金のことはリアルな問題となって、大いに考えさせられることとなりました。義母はずっと働いていましたので、老後の生活を十分にまかなえる蓄えがありましたが、いつ終るともわからない人生、どれだけのお金を残せば不安はなく暮せるのか? 命のゴールだけは自分たちで決められない問題です」


スポンサーリンク





nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

借金あるけど、もうダメだ/ハイリスク [ブログ]

長野のバス事故

あー言ったニュースを運送会社のいち社長の俺が見て

毎回思う事

俺はあそこの社長みたいにはなりたくない

人材を見る目

コンプライアンス

どーしたらそーなるのか

色々と考えます

俺も他人事じゃない

今日も深夜からトラブルあったけど

その方、持病があるんだよね

まぁ、一生付き合って行く病気

数年前にも問題あったし

二月前にも問題起こしたんだよね

正月開けには箱をぶつけてくるし

今回もまた問題を起こした

どれも持病が悪化したと思われる

さすがにもうトラックには乗せれません

本人も乗らない方がいいかと考えてます

だってさ

自己管理の問題が大きいのだが

何か問題や事件、起こしてからじゃ遅い

未然に防ぐのも我々の責任

借金あるけど、もうダメだ

帰ってきたら診察しに行かせる

俺も着いていく

医者の診断書も欲しいし、話もしたいし

本人が自主退職するならそれはそれで良し

だいたい大丈夫とか、俺に任せて下さいとか言う方に限って

何度も裏切る

許す人が居るから

何も直らない

今日は、問題が一段落してから仮眠しようとしたら、今度はタイヤがバーストしましたの報告

すぐに手配

悪いことは続く

昨日安全祈願したばっかなのになぁ

あとは、夕方に一人のドライバーが帰社

最近、ジョルダーってゆう商売道具が盗難にあった人

20万近くする道具

管理不足がこうなる

責任は取ってもらう

その方、この件やら他の件でも納得してない事を他のやつに言ってたらしいから

今日は二人で話をした

俺、ふざけんなって気持ちだったけど

とりあえずは感情的にならないように、その方の話を聞こうと思って

負のオーラぷんぷんだったし

気持ちの整理がつかないまま仕事されても、また事故するか何らかの問題を起こし兼ねない

話をじっくり聞いたよ☆

俺にしか言ってない事も報告してきたし

ありがとう

それなら、尚更事故なく問題無く仕事して稼がないかんね

とりあえず、何かが起きてからじゃ遅い

みんなそれぞれ会社に対して、俺に対して、会長に対して、誰かに対して思う事ってあるよ

ただ、会社から何も言われないくらいの事をしようや

俺も悪いけどそっちも悪くない?

ってゆー事を、問題が起きてから言わんどこ

言いたい事はその場で言って

言い争いになる事が悪いとは思わない

お互い探り合いながら生活とか仕事してても見に入らないし、事故の元

俺は聞く耳持ってるから、相談したいときはして

そのドライバー、ありがとうございます。もう愚痴はありません。

なら良かった☆

気持ち入れ換えて、仕事お願いしておきます☆

だいたいが従業員が何を考えてるのかとか情報入ってくるし、声色で体調不良、会社に対しての不満、仕事内容の不満が嫌でも分かるわ(^o^;)

いつもと違うと思ったら、俺とそのドライバーと二人の時間を見付けて話聞いたり、話をするようにしてる

会長のワンマンじゃ誰も言ってこないわ

捌け口になるのも中々大変だ

言うことも言わないといけないからな

ふぅ~

年明けてから悪い事続いてる

今日で線引きしたい

疲れ果ててるけど

従業員には悟られないように気を付けます

難しい

でも、負けない☆

やったる

では



ビンボーな老後は嫌!これだけはおさえておきたいお金の話
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160401-00010000-phpfamily-life

◆「金持ち老後vsビンボー老後」の分かれ目って?

増税や不安定感を増す年金制度。「私たちの老後はどうなるの!?」と不安になっているご家庭は少なくないと思います。厳しい経済状況であることは確かですが、不安感を募らせているだけでは何の解決にもなりません。
総務省が発表している「家計調査」によると、金融資産だけで4000万円以上をもつ世帯は6世帯につき1世帯の割合で存在します。一方で明日の生活もおぼつかない人たちもいます。そして圧倒的に多いのがその中間、「今は困っていないが、このままでは老後が不安」という層です。読者のみなさんも多少の幅はあれ、この層に当てはまるのではないでしょうか。
そんなみなさんにお伝えしたいのは、これからどう行動するかが「金持ち老後」と「ビンボー老後」の分かれ目になるということです。安心して老後を迎えるためのポイントや考え方をお伝えしましょう。
◆データで見る  どうなるの? 私たちの暮らし

【不安要素はこの3つ!】

(1)増税...来年4月に10%に上がる消費税に加えて、今後は所得税や相続税など個人の税負担が増えると予想されます。

(2)社会保険料アップ...社会の高齢化に伴い、厚生年金や健康保険などの社会保険料は、毎年引き上げられることが決まっています。

(3)終身雇用の崩れ...今や終身雇用、年功序列は難しい時代。早期退職や出向の可能性も視野に入れた生活設計が必要です。

【みんなの給与と貯蓄額】

(1)平均給与額...平成26年/415万円(男性514万円/女性272万円)

ピークは1997年の467万円。以降下がってはいるが、前年に比べると14万円増加している。

(2)世代別 平均貯蓄額(ファミリー世帯)

30代...平均貯蓄額:375万円 平均金融資産保有額:717万円
40代...平均貯蓄額:465万円 平均金融資産保有額:974万円
50代...平均貯蓄額:856万円 平均金融資産保有額:1941万円
60代...平均貯蓄額:1342万円 平均金融資産保有額:2462万円

30~40代は子育て費用等の負担がかかるが、子どもが独立し始める50代からは貯めどき。この時期の貯蓄が「金持ち老後」には欠かせません。(金融資産とは、貯金以外の保険や債券、株式などを合計したもの)


スポンサーリンク





nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

貯金なくなってあるのは借金/最低な人間 [ブログ]

私は最低な人間。

病気治らない。

何も出来ない。

何処にもいけない。

働けない。

貯金なくなってあるのは借金。

挙げたらキリがないかもね。

いつからこんな最低な人間になったんだ。

悔しい。

情けない。

辛い。

苦しい。

不安。

怖い。

涙が止まらない。

失ったものが大きすぎるんだよ。



「奨学金のせいで結婚が出来ない」という勘違いについて。
http://bylines.news.yahoo.co.jp/nakajimayoshifumi/20160328-00055914/

先日、奨学金に関するアンケート調査が公表された。奨学金の返済が重荷になって結婚に影響している人が3割もいるという。

「労働者福祉中央協議会(中央労福協)が、奨学金を借りている34歳以下の働く男女に行った調査で、回答した2061人のうち、「奨学金返還が結婚に影響している」としたのは31.6%に上ることが29日、分かった。出産への影響があるとの回答は21.0%あった。」

出典:奨学金の返還「結婚に影響」3割 中央労福協調べ  日経新聞 2016/2/29

奨学金の返済で困っているワカモノ増えている、という報道を目にしている人は多いと思う。先日も野党が返済不要の奨学金制度の設立を政策として掲げるなど度々話題にのぼるが、制度や仕組みについて誤解も多い。奨学金のせいで結婚ができない、というアンケート結果はその一つと言えるだろう。これは奨学金の制度に限らず、そもそも借金の仕組みを理解せずに借りている人が多いことも影響している。

■奨学金がある人こそ結婚すべき。

最初に結論を書いてしまうと、奨学金が残っているから結婚が出来ないという考えは勘違いであり、間違った思い込みである。一切気にせず結婚して良い。もっと言えば奨学金の返済が苦しい人ほど結婚すべきだ。

これは結婚をしたいと考えているカップルが、それぞれ一人暮らしをしている状況と、一緒に暮らしている状況を比較すれば簡単に分かる。

例えばアパートで一人暮らしをした時に家賃が毎月6万円かかるとする。二人で別々に借りれば12万円だ。一緒に暮らして10万円の賃貸マンションを借りれば、それだけで月に2万、年間で24万円も負担が軽減する。

一緒に住むことで、電気・水道・ガス・電話・NHKといった公共料金系の支払い、さらに食費の軽減効果等も加われば最低でも1万~2万円程度は浮くだろう。低めに見積もって軽減効果を月に1万円とすれば、家賃の軽減効果と合わせて月に3万円、年間36万円となる。節約しようと思えばもっと負担は減らせる。

日本学生支援機構のパンフレットには、奨学金を毎月5万円、4年間借りた場合の借入額は240万円、これを15年で返した場合の返済額は月に14,017円となっている(利息負担ありの二種、固定金利0.63%の場合)。この返済額は上記でシミュレーションをした生活費軽減の効果を上回る。夫婦ともに240万円、合計で480万円を借りている場合でも、返済額は毎月2.8万円と、先ほど低めに見積もった軽減額を下回る。

こういった生活費の軽減効果は子どもの大学進学時に、実家から通う場合と一人暮らしをする場合を比較すれば容易に分かる。地方に住む家庭から東京の大学に通うために上京する場合、学費以外に生活費の負担も発生する。これは重く家計にのしかかる。つまり複数の人が一緒に暮らす場合とバラバラに暮らす場合の生活費を考えれば、一緒に暮らす方が当然少ない。

また、奨学金の返済はあくまで個人に紐付いたものであり、例えば夫の収入が減って返済が出来なくなった場合でも、妻の側に返済の義務はなく返済の減免措置もあるが、一緒に暮していればそうも言ってはいられない時もあるだろう。そんな時でも、共働きで収入源が2つあれば返済が滞らずに済む可能性を高めることは可能だ。夫婦であれば一時的に相手に頼る事はなんら恥ずかしいことではないだろう。

■奨学金があるのに結婚するのは非常識?

この程度の話は延々と説明するまでも無いと思うのだが、先ほどの調査結果のみならず「奨学金 結婚」で検索すると、ネット上にある各種相談サイトで奨学金が残っているから結婚できない、あるいは相手が多額の奨学金を抱えているから結婚に踏み切るのが不安といった書き込みが多数ヒットする。中には奨学金が残ってる状態で結婚するなんて非常識と主張する人もいて、ずっこけそうになってしまった。

すでに説明したように、奨学金は結婚の障害にはならず、それどころか結婚をした方が返済はラクになることはちょっと計算をすれば簡単に分かる。奨学金があるから結婚できない、という話は「気分の問題」でしかない。借金が無く、収入も増えて安定した状態で新婚生活を迎えたいという考えは当然誰でもあると思うが、それはあくまで理想の話だ。大学生の3人に2人が奨学金を借りる現在、奨学金があるからこそ結婚して返済の負担を減らした方が良いということになる。

■結婚生活にお金はかからない。

収入が低くてとても結婚出来ない、という人は大抵の場合大きな勘違いをしている。上記の通り一緒に生活すれば生活費は軽減する。

結婚に伴う費用についても、現在ブライダル業界は「ナシ婚」と言って、結婚式を挙げないカップルが半数にのぼる事が死活問題になっている。数万円程度で小規模な結婚式を挙げられるサービスも人気を博している。結婚式や新婚旅行に何百万もかけるカップルは決して多数派では無いし、当然義務でもない。

子どもが生まれれば妻の収入は一時的に途絶え、子育て費用の負担も発生する。しかし、結婚したらすぐに子供をつくらないといけないという決まりがあるわけでもない。奨学金の返済にめどが付いたら子供の事を考えよう、ということで問題は無いだろう。

二人とも収入が低くて独立して生計を立てることが厳しいというのであれば、奨学金の返済が無くても生活は苦しいだろう。問題は収入が低いこと、多額の学費をかけて大学に通ったのに収入に結びついていないことであり、奨学金の有無が問題ということにはならない。

なぜ奨学金が結婚の障害になるかのような誤解、勘違いがまかり通っているのかを考えると、これはやはり借金という仕組みに対する無理解が根底にあると思われる。

※この記事では奨学金の功罪や返済義務があるのはおかしいといった議論には触れず、既に返済義務を負った人がどのように行動すべきか、という視点で話を進める。奨学金の仕組みに関する議論は「奨学金の取り立てを強化すべき理由」を参考にされたい。

■損得と資金繰りの違い。

奨学金を含めた借金には返済義務がある。可能な限り借金が少ない方が良いことは間違いない。自分は普段ファイナンシャルプランナーとして住宅購入の相談に乗っているが、一番多い相談は、そもそもこの予算で家を買っても大丈夫か?というものだ。

多くの人はギリギリの予算で購入を検討しているため「返済をラクにする方法、リスクを減らす一番簡単な方法は予算を減らすこと」と説明している。5000万円の物件を買うより、4000万円の物件を買う方が借入額は減り、返済は楽になる。小学生でも分かる理屈で、ここまでは誰でも理解できる。しかしこの後の話を多くの人は理解していない。

一度借金を借りた後はゆっくり返した方が良いということだ。借りる前は借金は少ない方が良い。しかし借りた後も同じように考えて、借金を少しでも早く減らす、つまり慌てて繰り上げ返済をすると、かえってリスクが高まる。

預金金利より借り入れ金利の方が通常は高い。早く返した方が得だと多くの人は考える。これは「損得」という視点で考える限り間違ってはいない。では損得とは別の視点は何かというと「資金繰り」だ。

資金繰りとは「支払いが問題なくできるだけの資金が手元にあること」を意味する。企業では資金繰りに問題が生じて各種の支払い・返済が出来なくなることを「資金がショートする」と言って、実質的な倒産状況にあると言える。これは個人でも同じで、支払いが出来なくなると自己破産の一歩手前だ。

例えば貯金がたまり、これから結婚する人が「結婚した後も借金が残るのは気持ちが悪いし利息の負担ももったいないから」と奨学金を一気に繰り上げ返済して、貯金がゼロになったとする。しかし、その直後に会社が傾いて職を失って生活に困窮してしまったらどうか。繰り上げ返済なんてしなければ問題なく生活出来たのに、いうことになる。

これは得をするためにした行動が、かえってリスクを高めてしまった状況だと言える。資金繰りを無視するとこういった状況に陥る。企業経営では資金繰りが生き残るための生命線だと経営者は理解しているが、家計でも資金繰りが生命線だと理解している人はほとんど居ない。

■借金の目的は資金繰りの改善。

借金の仕組みは、今支払いが出来ない買い物をするために、支払いを先送りすることが目的だ。そのための手数料が利息だ。つまり手元に貯金が無い、あるいは貯金はあるけど残したおきたい場合にお金を借りることになる。これは「損得」を犠牲にして「資金繰り」を優先する取引だ。

すでに説明したとおり、借りる前は額が少ない方が得だが、借りた後も同様に考えて少しでも早く借金を減らそうとすると、かえってリスクは高まる。これは住宅ローンでも繰り上げ返済のやり過ぎで多くの家庭が陥っている罠だ。ゆっくり返していく権利を得た以上、借金が残っている事は何ら問題ではないということだ。

先に挙げた奨学金を毎月5万円借りた場合の借入総額は240万円、返済総額は利息負担も含めて約252万円と大きな額になる。これだけ多額の借金を背負って社会人になることはもちろん大きな負担である事は間違いないが、毎月の返済は1.4万円と決して多くは無い。実家に住んでいればフリーターでも問題なく返済出来る額であり、結婚すれば生活費の軽減効果で相殺できる程度の額だ。結論としては奨学金は結婚してからもゆっくり返せばいい、ということになる。

結局、奨学金の返済が最も苦しい人は独身で収入が低い人であり、こういう人こそ早く結婚した方が良い。

奨学金を返済が出来ない人には減免措置もあり、相談も可能で返済条件は緩い。はっきり言えば他の借金と比べて相当に甘い仕組みだ。それでも連絡もせず放置をすれば強硬手段を取られるのは当然で、返済の訴訟を受けている人の中には一部そういった人も含まれている。

■結婚すれば奨学金の返済は楽になる。

「年収240万円で子育てをしながら普通に暮らす方法」という記事で、結婚すれば世帯収入は2倍になると書いたところ、そんな低い収入で結婚なんて出来ない、というコメントがあった。

これはそういう意味ではなく、今回書いたように、結婚したいと思う人が居て相手も同意しているのに、収入が低いとか奨学金があるからという理由で結婚をしないのは合理的に考えて間違っているという意味だ。収入が低い人も奨学金の返済が苦しい人も、相手が居るのなら躊躇なく結婚した方が良い。理由はすでに描いた通りだ(もちろん、借金を抱えた状態での結婚は気持ちが悪いことは理解できるが、気分の問題の解決まで他人に求められても困るとしか言いようが無い)。

■原因と結果を取り違えないように。

最近では度々奨学金の問題が取りざたされるが、本当の原因は奨学金の有無ではなく、制度面では教育費へ投じられる税金が少ないこと、そして個人の問題としては収入が低いことが原因であり、マクロな視点で見れば日本の生産性が低いことや、一人当たりのGDPが世界で27位と日本が豊かな国ではなくなっている事が原因である。これは「なぜマクドナルドは時給2000円を払えるのか?」でも書いた通りだ。

大学教育が個人の収入アップや国の経済成長に結びついているのか?という根本的な問題を無視して、奨学金を論じることは出来ない。奨学金の返済に苦しんでいる人が多数いることは間違いないが、これは問題の原因ではなく結果であり、原因と結果の取り違えをしている限り正しい解決方法に着手することは出来ない。

とりあえずマクロな問題を横に置くのなら、奨学金はギャンブルや浪費が原因の借金では無いのだから問題は無い、奨学金を抱えているカップルは周りの雑音を気にせず結婚をしてゆっくり返済をすれば良い、というアドバイスを伝えておきたい。


スポンサーリンク





nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

借金まみれで [ブログ]

久しぶりに現場請け負って
お昼になり おにぎり食った

10年前
借金の返済に追われ
おにぎり買うお金無くて
お昼缶コーヒー1本だけ飲んで仕事してたなぁ

懐かしい
思い出すと涙出るわ

孫の顔見たさに 
頑張ってきて良かった

首吊りせんで良かった


もうすぐ有馬温泉
まちょこっと頑張ろΨ( ̄∇ ̄)Ψ



新興国「借金ランク」中韓ワースト1、2位 企業・家計の債務が急拡大
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160326-00000001-ykf-int

中国と韓国の借金漬けがいよいよ深刻な事態になってきた。昨年1年間の家計の債務増加率は、中国が新興国で1位で韓国が2位となったのだ。企業の債務も急拡大している。中韓両国とも、製造業主導の輸出経済から、消費やサービスなど内需中心の先進国型経済への移行を図るが、家計も企業も借金で首が回らないのが実情だ。

各国の銀行などで構成する国際金融協会(IIF)がまとめた新興市場の負債に関する報告書によると、新興国19カ国の昨年1年間の家計債務の対国内総生産(GDP)比の増加率は、中国が3・59%で最も大きかった。2位が韓国で3・45%増だったと朝鮮日報が報じている。いずれも家計の借金の伸びが、実体経済の成長率を上回っている状況だ。

中国では、家計債務がGDPに占める割合は現状では39%にとどまっているが、急拡大は止まりそうもない。習近平政権は、中国経済を製造業主導から、サービスや消費主導に移行させようとしており、住宅投資など家計の借金を増やす方向に誘導する政策を打ち出すのは確実なためだ。

一方、家計の借金がすでに深刻な水準に達しているのが韓国だ。家計債務の比率は対GDP比で実に87・75%を占め、1人当たりの家計債務は2万9000ドル(約325万円)にのぼる。

こちらも政策の失敗によって借金がふくらんでいる。朴槿恵(パク・クネ)政権は低迷する景気の回復策として、不動産市場の活性化を狙った住宅ローン規制の緩和を行った。ところが家計の負債がますます増えた結果消費が伸び悩み、経済も低成長から抜け出せないという悪循環に陥ってしまった。

家計の借金に加え、企業の借金を含む民間債務も中国と韓国の急増が目立っている。国際決済銀行(BIS)の統計によると、昨年9月時点の中国の民間債務は21兆5160億ドル(約2417兆円)に達した。

対GDP比では2010年に152%だったのが、年々借金の比率が増えて14年末には193%に。そして15年9月末時点で205%と、ついにGDPの2倍を超えた。1990年代の日本のバブル崩壊後の水準に近づいている。

ブルームバーグによると、中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁は、「企業の借り入れを中心とする借入金のGDP比率は高過ぎる水準にある」と指摘。経済協力開発機構(OECD)は、セメントや鉄鋼、石炭、板ガラスといった業種が短期的なリスクを抱えていると危機感をあらわにした。

にもかかわらず、民間の借金は減るどころか増え続けている。今年1、2月の中国の銀行の新規融資額は、前年から3割強増えたとして、ロイターはコラムで「中国の債務負担は増加の一途をたどることになるだろう」と警鐘を鳴らす。

中韓経済に詳しい週刊東洋経済元編集長の勝又壽良氏は「中国政府出資の国有企業の借金が増えることで中国財政全体の健全性を脅かしている。これは習政権が掲げた経済成長目標が生み出したもので、ある意味自業自得だが、失敗するリスクは決して小さくない」と指摘する。

韓国の民間債務も急増中だ。15年9月時点で2兆4890億ドル(約280兆円)で、対GDP比では10年に175%、14年に190%、そして15年9月時点で193%にまで拡大した。

この間、日本の民間債務の対GDPが170%を挟む水準で安定しているのと対照的だ。

前出の勝又氏はこう指摘した。

「中国と同様に韓国企業もゾンビ企業を政策的に延命させてきたが、財閥グループでも造船業などを中心に、もはや限界を迎えつつある」


スポンサーリンク





nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

実はどこかで借金作ってたり/恋人でも夫婦でも [ブログ]

テレビで

相手の携帯の中を見るかどうかをやってたんですが(^w^)

みなさんはどうですか

暗証番号を設定しても

女性は覗き見して覚えてしまうし

指紋認証を設定しても

旦那さんが寝ている間に 指を拝借して見る人もいるようです

こわっ

個人的には

どんな人にも何かしらの秘密はあり

それを他人が見る権利はないと思ってます



もちろん、時と場合によりけりです

浮気も嫌だけど

実はどこかで借金作ってたり

危険な薬でも買ってるのがわかったら

もっと最悪だな、と思いますよね






でもまあ

知らなくてもいいことは必ずあるので

むやみに携帯を見るのはやめましょう(^_^;)

いい情報が入ってるとは思えませんし(笑)

ちなみに私ですが

昔 夜中に

パパが二回くらい メールを見てたのを

私もたまたま気づいて ちらりと見てしまい

そこは後に本人に聞きました
→女性からのメールだったので

他は全く 見てないですねー

そもそもパパに 興味が薄いので( ̄∀ ̄)ペッ



スポンサーリンク





nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

旦那がリストラ?借金か?/コンビニ事件パート2 [ブログ]

先日、会社の男の子社員がコンビニで副業してたのを日記でお知らせしましたが………


今日も、コンビニ行ってきたんですね。ケーキ買いに。
またもや、どっかでみた事あるな~って女の子がいるんです。(私、視力弱くて近く行かなきゃわからなくて)
そして、その子手を振ってきました(((((((・・;)

よく見たら、妹でした(笑)


妹は私とは大違いの、小さくて可愛らしい女の子です。身長が146㎝しかありません。小学生みたいです。
でも、まだ20代前半で子供を3人育てながら頑張ってる良い子です。体が小さくて、出産も大変でした!

いやいや(^_^;)専業主婦だったのになんでコンビニで働いてるんだ?姉ちゃん、心配になりました

旦那が給料くれなくなったか?

旦那がリストラ?

いや、借金か?



今回は、妹なので堂々と聞きました!

私『何してんの?』

妹『バイト』

私『見りゃ分かるわ!(笑)子供達は?旦那に働けって言われたの?』

妹『違うよ。下の子が幼稚園行って落ち着いてきたし、たまに働けば生活の足しになるかなと思って。
心配しなくて大丈夫だよ!私、高校も中退で、資格とかも持ってないから、コンビニ来てみたんだ』

妹は、17才で子供が出来て学校辞めて結婚しました
そういえば当時、周りから大反対されほぼ駆け落ちみたいな状態での結婚でしたね。


でも、旦那だけに負担かけたくないなんて、出来た子なんでしょう( 〃▽〃)
あんたみたいな妹を持って姉ちゃんは嬉しいよ(*^^*)


レジで、カップケーキだしたら
私『お姉ちゃん、誕生日だよね?後で連絡しようと思ってたんだけど、これとりあえずサービスね』

かわいい、ちょこマンとあんまんくれました( ;∀;)

なんか、泣きましたわ( ;∀;)



スポンサーリンク





nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

しくじり先生「間寛平 借金一億円」 [ブログ]

フェリーの上から娘と一緒に海に身を投げようかと思ったその時に娘さんがギュっと握り返したその小さな手の温もりが寛平さんの自殺を思い留まらせたと…

人間てのはもうダメだと思いそこで諦めてしまうのか…

あるいは再び奮い起ちもう一度やり直そうと思うのか…

その運命の分かれ目に本当に諦めなかった者だけが後に本当の成功と幸せを手に入れる事が出来るのかもしれない…

生きてて本当に良かったと…

そんな風に思える日をいつか手に入れる為に…

そんな幸せな日々をいつか手に入れる為に…

人は…

自分たちは…

今を生きているのだから。

と、そう思い感じた間寛平さんのしくじりであり…

私にとってはとても大きな教訓となりました。

死んだらそんな事にも気付かずに知る事もなく終わってしまう…

苦労は買ってでもしろと…昔の人は良く言っていました。

苦労を味わいその苦労を乗り越えて初めて分かる本当の有り難みや大切な事を知り得る事が出来るのだからと。

今の自分に何が出来るかじゃあないんです。

今の自分に出来る事をやるんです。

それはいつか今の自分にしか出来ない事になり誰にも真似の出来ない自分だけのステータスへと変わって行くのだから。

ステータス…自信…

その自信はいつしか確信へと変わって行く。

人生とはどんな事が待ち受けているのかなんて誰にも分からない。

だからこそ経験を重ね自信を付け確信へと近付けて行かなければならない。

自分の今後の人生において自信を持つ事も確信を養い得る事も…

それは今この時しかないのだから。

だから俺も自分に負けはしないしこの人生を絶対に諦めたりはしない。

人は死ぬ気になれば何でも出来る?

違うよね?

人は生きようと必死になるから何でも出来る。

だから死ぬ気になんてならなくてもいい。

そのまま本当に死んでしまうかもしれないからね。

人は生きる為に必死になって…

仮にその先に死が待ち受けているのだとしてもそれすらも乗り越えて行こうとする力をきっと…

持っているのだから。



スポンサーリンク





nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

なんでギャンブルの借金てことになってるんですか/動き出した離婚闘争 [ブログ]

今夜、実家に嫁側の両親が押し掛けてきたそうだ。

母親から電話があった。

「あんた完全に悪者扱いされてるよ」と。

どうやら義理の弟が離婚した理由も俺の言葉による暴力が原因らしい。

とってつけたような後付けの理由。

何だか馬鹿らしさを通り越して呆れてものも言えない。

弁護士を雇うとのこと。

出るとこ出てきたねぇ。

借金の半分以上は嫁の母親が貸してと言うから仕方なく貸して黙認していたんですけど。

何故いつの間にか俺のギャンブル借金てことになってるんですか?
嫁が内職してた?はぁ?
一切働く素振りも見せたことがないのに?
実家にお金入れられない?
郡山に帰ってくりゃいいだろ。

何かと理由付けて金引き出してやろうって魂胆が見え見えですよ。

そちらがその気なら俺も徹底抗戦します。

これ読んでる嫁の差金へ。
報告でもコピーでも何でもしてください。

毎月口座に入金されるのが当たり前、スーツ?ワイシャツ?そんなの必要なの?なんて言うバカ嫁とそのバカ親どもに怒りの鉄槌を。

これから一部始終ここに記録として書き記していく。

勝ち取れ自由を。
頑張れ、俺。


スポンサーリンク





nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

政府は国民の為に存在する! [ブログ]

国の政府は何の為に存在するのか?

生活も厳しいけど今後の日本の事を考えたら子供や孫の世代までツケを残すのは良くないし、政府が決めた事だから国民の義務として従わなければ!とか

バカらしい…アホか?

確かに【子供や孫の世代までツケを残すのは良くない!】だけど、それは政府が義務を国民に転化してるだけの事で…

そんな【出鱈目な国家観のツケを子供や孫の世代に残すのは良くない】と言う意味での話だと思いますよ?

【国の借金】だとか【高齢化社会で年金が足りない】なんてのは、それは政府の政策の失敗の結果なので!税金を払ってる国民が【ツケを払わされる・払わなければいけない】と思わせる時点で間違ってます。

国民に、そう思わせる事で政府の失敗を責任転化してる事になるのです。

お年寄りが健康で元気な国にしましょう♪なんて偽善的な事を言って、そう言う政策を続けてるくせに…高齢化社会だから年金が足りないんです!とは何ぞや?

表向きは年寄りを大切にする様な事を子供達に教えて、本心では政府の失敗を年寄りに責任転化してるんですよ!

日本政府は外国に何の気兼ねする事なく、日本の札を好きなだけ印刷して使える権利がある国なんです。

実際に日本銀行は民間銀行が買ってた国債を30%も札を印刷して買い取ってます。

その額なんと220兆円ですよ?

軽減税率で4000億円を越えるだの越えないだのと言ってる裏では、財務省は実質的な国債総額を減らす為に…社会保障費に使わずに、自分達の失敗の穴埋めに膨大な額の札を印刷して使ってるんですよ!

この札は銀行に国民が貯金した金の代わりに銀行が国債を買って金利を政府から支払って貰ってた金で、元々銀行が持ってる金で買った国債じゃ無いんですよ!

それが、どうして国民1人あたり何百万円の借金て理屈に成るの?健康保険・年金基金も国債に使われてます…健康保険・年金は国民が真面目に払った金ですよね?その年金が足りないからって言ってるのに…何故?健康保険・年金基金から国債を買ってるのでしょうか?

しかも、それをどう計算したら国民1人あたり何百万円の借金に変わるのでしょう?

増税しなくても札を印刷すれば賄えるって事実を国民に教えないのは犯罪でしょ?しかも嘘の理論を国民に信じ込ませてるのですから…これは政府の犯罪ですよ!

政治家まで財務省の官僚に嘘の理論を信じ込まされてるので、諸悪の根源が財務省である事は疑い様の無い事実です。

220兆円に比べたら消費税の税収なんて微みたる額ですよ…ましてや軽減税率を導入しても4000億円を越えると財源が足りません!だと?そりゃ…自分達の失敗の穴埋めに220兆円も注ぎ込んでたら財源が足りなくて当然…

て言うか?財源あるんじゃん…



スポンサーリンク





nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

安楽死について [ブログ]

最近ネット上でやたら老害というワードを見かけます。私はこの言葉は嫌いです。

特に年金を貰っている人達に対する言葉に、安楽死制度をつくればいいのにと書き込み、沢山の+が付く現実に恐怖を感じました。


痴呆症の親の介護が大変だったから、本人がしっかりしているうちに決めといて欲しいとか、自分ならそうするとか。

そういうのを読んだせいか夢を見ました。

安楽死制度があるまた別の世界の夢。

因みに私はバツイチで元夫のお父さんとは亡くなるまで仲良くやってました。

その義理のお父さんの夢です。


夢ではまだお父さんは生きていましたが、肺の病気でいつも辛そうでした。実際に肺の病気で亡くなってます。

で私は何故か臨月なんです。これはただ夢の話で私に子供はいません。妊娠すらした事無いです。


夢の中で義父は病気、自分は臨月という日々を送っていたのですが、ある日義父が安楽死すると決断しました。

私はただただ死なれるのが嫌で説得していました。

まだ大丈夫だよとか、本当に今が限界なのかとか、とにかく考え直して欲しくて必死でした。

親しい人間の死は本当に辛い。ましてや急に安楽死するなんて言われたら悲しさとか恐怖とか、自分が子供を産む事すら恐くなりました。

夢の中で家に安楽死専門の黒い服を着た人が、道具を並べているんです。あの映画のイキガミみたいな感じの服装だったような。

というのが昨日見た夢の話です。


で、何を思ったのかというと、若い人が減っているからそっちをなんとかすべきなのに、だから年寄りや重度の病人には安楽死制度をなんて考え方はおかしいと。

うちは父方の両親は亡くなり、母方の祖母はまだ元気ですが、みんな若い頃から何十年も一生懸命日々お仕事を頑張ってきた世代です。

身内を戦争で亡くしながらも、戦後貧しいながらただ一生懸命働いて頑張ってきた人達です。

私は自分が胸を張って日々頑張っているかと言われたら情けないですが答えられないです。

消費税が上がるのはお年寄りのせいなのか生活保護者のせいなのか。

人口が減る事も予測できなかった偉い人達が一番の原因で、偉い人達は消費税が上がろうが生活にたいした打撃は受けない。だから簡単に消費税を上げるとか言えるんですよね。

自分達の生活が苦しくなる事で、お年寄りや生活保護者を叩くならそれは偉い人達の思惑通りになってるだけだと思うんです。

天涯孤独で病気で苦しいなら安楽死も救いかもしれません。

でも家族がいて、子供達に迷惑はかけたくない気持ちはわかりますが、私は自分の親が安楽死を選んだらきっと凄く苦しくて後悔します。

それなら貧しくても構いません。長生きをして欲しいです。どうしても救えない病気で本人が延命は望まないと言われたら、それは受け入れるしかないとは思います。


辛く苦しく壮絶な介護をされた方や、現在介護をされている方は安楽死制度があればいいのにと思う事は仕方無いと思いますし、誰も責める事もできないと思います。

だけど、一部の自分の子供達の世代の為にという考えからの安楽死発言はどうしても理解できません。

貧しいと言っても下を見ればキリが無いし、上にもキリが無い。少なくともまだ暫くは生きていける余裕はあるし、貧しいと思うなら本人が頑張るしかない。

今も昔もそれは同じです。

子供に財産は残さなくても、残せなくても、借金だけは残さなければ良い親だと思います。

ネットは本当に読む場所を選ばないと駄目ですね。

一部の人間の考える事だからと言う人もいますが、やはり人間の本音が集まる場所で過半数の意見だとも思えます。

とりあえず自分は孤独死まっしぐらなので、なるだけ迷惑をかけないようにしとかないといけないなと思っています。


日記でなんでこんな重い話を長文で書いているんでしょう。

次は楽しい日記が書ければと思います。

ここまで読んでくれた人に、どうもありがとうございましたm(__)m



スポンサーリンク





nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スポンサーリンク