So-net無料ブログ作成
検索選択

借金あるけど、もうダメだ/ハイリスク [ブログ]

長野のバス事故

あー言ったニュースを運送会社のいち社長の俺が見て

毎回思う事

俺はあそこの社長みたいにはなりたくない

人材を見る目

コンプライアンス

どーしたらそーなるのか

色々と考えます

俺も他人事じゃない

今日も深夜からトラブルあったけど

その方、持病があるんだよね

まぁ、一生付き合って行く病気

数年前にも問題あったし

二月前にも問題起こしたんだよね

正月開けには箱をぶつけてくるし

今回もまた問題を起こした

どれも持病が悪化したと思われる

さすがにもうトラックには乗せれません

本人も乗らない方がいいかと考えてます

だってさ

自己管理の問題が大きいのだが

何か問題や事件、起こしてからじゃ遅い

未然に防ぐのも我々の責任

借金あるけど、もうダメだ

帰ってきたら診察しに行かせる

俺も着いていく

医者の診断書も欲しいし、話もしたいし

本人が自主退職するならそれはそれで良し

だいたい大丈夫とか、俺に任せて下さいとか言う方に限って

何度も裏切る

許す人が居るから

何も直らない

今日は、問題が一段落してから仮眠しようとしたら、今度はタイヤがバーストしましたの報告

すぐに手配

悪いことは続く

昨日安全祈願したばっかなのになぁ

あとは、夕方に一人のドライバーが帰社

最近、ジョルダーってゆう商売道具が盗難にあった人

20万近くする道具

管理不足がこうなる

責任は取ってもらう

その方、この件やら他の件でも納得してない事を他のやつに言ってたらしいから

今日は二人で話をした

俺、ふざけんなって気持ちだったけど

とりあえずは感情的にならないように、その方の話を聞こうと思って

負のオーラぷんぷんだったし

気持ちの整理がつかないまま仕事されても、また事故するか何らかの問題を起こし兼ねない

話をじっくり聞いたよ☆

俺にしか言ってない事も報告してきたし

ありがとう

それなら、尚更事故なく問題無く仕事して稼がないかんね

とりあえず、何かが起きてからじゃ遅い

みんなそれぞれ会社に対して、俺に対して、会長に対して、誰かに対して思う事ってあるよ

ただ、会社から何も言われないくらいの事をしようや

俺も悪いけどそっちも悪くない?

ってゆー事を、問題が起きてから言わんどこ

言いたい事はその場で言って

言い争いになる事が悪いとは思わない

お互い探り合いながら生活とか仕事してても見に入らないし、事故の元

俺は聞く耳持ってるから、相談したいときはして

そのドライバー、ありがとうございます。もう愚痴はありません。

なら良かった☆

気持ち入れ換えて、仕事お願いしておきます☆

だいたいが従業員が何を考えてるのかとか情報入ってくるし、声色で体調不良、会社に対しての不満、仕事内容の不満が嫌でも分かるわ(^o^;)

いつもと違うと思ったら、俺とそのドライバーと二人の時間を見付けて話聞いたり、話をするようにしてる

会長のワンマンじゃ誰も言ってこないわ

捌け口になるのも中々大変だ

言うことも言わないといけないからな

ふぅ~

年明けてから悪い事続いてる

今日で線引きしたい

疲れ果ててるけど

従業員には悟られないように気を付けます

難しい

でも、負けない☆

やったる

では



ビンボーな老後は嫌!これだけはおさえておきたいお金の話
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160401-00010000-phpfamily-life

◆「金持ち老後vsビンボー老後」の分かれ目って?

増税や不安定感を増す年金制度。「私たちの老後はどうなるの!?」と不安になっているご家庭は少なくないと思います。厳しい経済状況であることは確かですが、不安感を募らせているだけでは何の解決にもなりません。
総務省が発表している「家計調査」によると、金融資産だけで4000万円以上をもつ世帯は6世帯につき1世帯の割合で存在します。一方で明日の生活もおぼつかない人たちもいます。そして圧倒的に多いのがその中間、「今は困っていないが、このままでは老後が不安」という層です。読者のみなさんも多少の幅はあれ、この層に当てはまるのではないでしょうか。
そんなみなさんにお伝えしたいのは、これからどう行動するかが「金持ち老後」と「ビンボー老後」の分かれ目になるということです。安心して老後を迎えるためのポイントや考え方をお伝えしましょう。
◆データで見る  どうなるの? 私たちの暮らし

【不安要素はこの3つ!】

(1)増税...来年4月に10%に上がる消費税に加えて、今後は所得税や相続税など個人の税負担が増えると予想されます。

(2)社会保険料アップ...社会の高齢化に伴い、厚生年金や健康保険などの社会保険料は、毎年引き上げられることが決まっています。

(3)終身雇用の崩れ...今や終身雇用、年功序列は難しい時代。早期退職や出向の可能性も視野に入れた生活設計が必要です。

【みんなの給与と貯蓄額】

(1)平均給与額...平成26年/415万円(男性514万円/女性272万円)

ピークは1997年の467万円。以降下がってはいるが、前年に比べると14万円増加している。

(2)世代別 平均貯蓄額(ファミリー世帯)

30代...平均貯蓄額:375万円 平均金融資産保有額:717万円
40代...平均貯蓄額:465万円 平均金融資産保有額:974万円
50代...平均貯蓄額:856万円 平均金融資産保有額:1941万円
60代...平均貯蓄額:1342万円 平均金融資産保有額:2462万円

30~40代は子育て費用等の負担がかかるが、子どもが独立し始める50代からは貯めどき。この時期の貯蓄が「金持ち老後」には欠かせません。(金融資産とは、貯金以外の保険や債券、株式などを合計したもの)


スポンサーリンク





nice!(0) 

nice! 0


スポンサーリンク